アメックスカード

アメックスのCVVとは:3桁または4桁の不正防止コード

インターネットショッピングでアメックスのクレジットカードを使おうとすると、CVVを聞かれることがあります。

CVVを言われても、何の数字のことかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アメックスのCVVについて説明し、CVCやCVV2といった類似の用語についても解説しています。

CVVについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

-

アメックスカードのCVVとは?

アメリカン・エキスプレス・セキュリティ

 

CVVとは、Card Verification Valueの略称で、日本ではセキュリティコードと呼ばれることが多い。

クレジットカード裏面の署名パネルに記載されている番号の下3~4桁を指し、本人確認や不正防止に利用されています。

また、インターネット上でクレジットカードで買い物をする際、カードが本人の手元にあることを確認するためにCVVの入力を求められることがあります。

クレジットカードの磁気ストライプには、カード番号や氏名などの個人情報が記録されています。そのため、カードがスキミングされると、個人情報が奪われる可能性があります。

CVV情報は含まれないので、磁気ストライプが悪用され、クレジットカードが偽造されたとしても、決済はできない。

カード会社によって呼び方が異なり、CVC(Card Verification Code)、CID(Card Identification Number)と呼ばれることもある。

 

 

 

アメックスコード4桁か3桁か?

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)のセキュリティコードは、CIDと呼ばれています。

このコードは、カード表面のカード番号の右上にある4桁の数字です。

一方、VISA、Mastercard、JCB、Diners Club、Discoverなどのカードでは、CVVはカード裏面の3桁の数字である。

カード番号と同じ順番で書かれているカードもあり、その場合はCVVは下4桁になることが多いです。

Google Payに入力する4桁の数字。

CVCはすべて3桁だと思い込んでいる人が多いようです。

しかし、クレジットカードの中には4桁のものもあり、それを知らないと入会が難しい場合があります。

例えば、アメックスをGoogle Payで利用したい場合、4桁の数字を入力する必要があります。

ここで注意したいのは、QUICPayのプライマリーカードとしてアメックスが指定されている場合です。

この場合、CVCに入力できるのは3桁の数字のみです。

そのため、アメックスのような4桁のCVCを持つカードをGoogle Payで利用したい場合は、カード入会時にQUICPayのプライマリーカードを設定する必要があります。

これを知らないと、何度もやり直すことになるので、しっかり覚えておきましょう。

Google Payです。

 

セゾンアメックスのCVVはどこにある?

セゾンアメックスのCVC(Card Validation Code)は、カード裏面の署名パネルに印字されている番号の下3桁のことです。

アメリカン・エキスプレス・カードとは違う場所にありますので、ご注意ください。

クレジットカードのCVVとは何のためにあるのですか?

CVVの主な目的は、カードを所有していない第三者による利用を防止することです。そのため、実際のクレジットカードを従業員に渡す店舗では、CVCを使用する機会はほとんどありません。

主にネットショッピングで使われることが多い。

オンラインショッピングでは、カード番号、有効期限、氏名に加え、場合によってはCVVの入力が必要となる。

この場合、他の情報はすでに登録されているが、CVV番号は保存されないので、買い物のたびに入力する必要がある。

なぜ、買い物のたびにわざわざ入力しなければならないのか、不思議に思う人もいるだろう。

カード会社は、カードが使われるたびにコードを確認し、本当にカード所有者が使っているのかどうかを確認する。このため、クレジットカードの再発行時には、CVVコードが変更されることが多い。

 

CVV番号は、クレジットカードの不正利用を防止する役割も担っている。

クレジットマスターとは、プログラムを使ってクレジットカードの番号を取得し、不正に使用する犯罪の名称です。

クゼレットカードの番号は14桁から16桁で構成されているが、一定の規則性がある。そのため、「クレディマスター」というプログラムを使えば、その規則を読み取って番号を割り出すことが可能です。

しかし、せっかくカード番号がわかっても、CVVがわからなければ、ネットショッピングに利用することはできない。

CVVは、こうした不正利用を防ぐ役割も果たしている。

CVV以外の不正防止システム

クレジットカード会社は、CVV以外にも様々な方法で不正利用を防止しています。

多くのクレジットカード会社では、カード不正使用検知システムを導入しています。

カード不正利用検知システムは、24時間365日、クレジットカードの利用を監視しています。

例えば、以下のような不審な利用を検知した場合、一時的にカードをブロックし、電話やセキュリティコードの入力による本人確認を行う。

☑高額な買い物が連続して行われた。
☑同じ店舗で連続して数回カードが使用された
☑高額な利用が海外で行われた
☑同一人物によるものとは考えにくい。
☑過去に不正利用されたカードと類似の利用があった

 

万が一、第三者による不正使用が発覚した場合は、新しいカードを発行します。

CVCとの違い

CVVとCVCは、カードの種類によって呼び名が違うだけで、同じものを指しています。

したがって、CVVとCVCは同等とみなされ、ほとんど問題はありません。

アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、CID番号とも呼ばれる。

☑Visaの場合 :カード検証値(CVV番号)
☑マスターカード: カード検証番号(CVC番号)
☑アメックス カード:識別番号(CID番号)

CVV2との違い

CVVと似たような言葉にCVV2があります。

両者の違いは、CVVやCVCが防犯セキュリティの仕組みを指すのに対し、CVV2やCVC2はセキュリティコードそのものを指す点です。

つまり、セキュリティコードの本来の名称はCVCではなく、CVC2です。

CVVはVISA(ビザ)が開発したクレジットカードの認証コード「Card Verification Value」、CVCはMasterCardが開発したクレジットカードの認証コード「Card Verification Code」の略である。CVVとCVCは、簡単に言うと、クレジットカードの磁気ストライプにエンコード(入力)されたデータから、偽造カードかどうかを判断する偽造防止技術です。

CVVとCVV2(またはCVCとCVC2)は、クレジットカード裏面の署名欄の番号からクレジットカードの所有者(カードホルダー)であるかどうかを確認するもので、全く異なる仕組みのものです。

 

アメックスカードのCVVについて知っておきたいこと。

CVVを利用する際には、ぜひとも注意していただきたいことがいくつかあります。

クレジットカードの打刻が消えていないか確認する。

クレジットカードを使用しているうちに、刻印が薄くなり、認識できなくなることがあります。

最も重要なのは、CVVはカード番号ほど不規則ではないので、何度もこすればわからなくなる可能性があることです。

CVVが判別できない場合、そのクレジットカードはネットショッピングに利用できないので、早めにカード会社に連絡しましょう。

クレジットカードのCVVが判明している場合は連絡する。

クレジットカードのセキュリティコードが誤って他人に渡ってしまった場合は、カード会社に連絡してカードの再発行をしてもらう必要があります。

CVVのようなセキュリティコードは3桁か4桁で構成されているため、盗難にあった場合でも覚えやすい。

万が一、誰かがあなたのCVVを知っていたら、新しい番号のクレジットカードを発行してもらうようにお願いしてください。

信頼できないウェブサイトでは、CVVを入力しないようにしましょう。

CVVが知られてしまうと、不正に利用される可能性があります。そのため、信頼できないWebサイトでは入力しないようにしましょう。

クレジットカード番号とCVVを入力すると、不正に利用される可能性が高くなります。

信頼できるWebサイトかどうかを判断するには、URLが「https://」で始まっているかどうかを確認します。http://」で始まっている場合は、SSL認証されていないWebサイトです。

SSLとは、通信を暗号化し、Webサイトの運営者や運営組織の実在性を証明するためのサーバー証明書のことを指します。

フィッシング詐欺にご注意ください

フィッシング詐欺とは、偽のWebサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード番号などを盗み出す犯罪行為です。

ユーザーがURLをクリックすると、本物そっくりのWebサイトに誘導され、誤って情報を入力してしまうと、その情報が盗まれてしまいます。

本文には「あなたのIDはブロックされました」「あなたのアカウントは悪用されています」といったメッセージが書かれていることが多く、冷静さを失ってしまうこともあります。

受け取ったメールに違和感を覚えたら、メールに記載されたURLをクリックするのではなく、公式アプリやブックマークからアクセスしてみましょう。

 

認証サービスを併用する

近年、クレジットカード会社は、CVV以外にもいくつかの方法でセキュリティを向上させています。

そのひとつがワンタイムパスワードです。

登録した電話番号にSMSが送信され、それを入力しないとカードが使えないというものだ。これなら、カード番号を知られたからといって、不正に利用される心配はない。

また、VISAやJCBなどの国際ブランドは、3Dセキュアの設定を推奨しています。これは、カード番号に加え、設定したパスワードを入力しないとカードが使えない仕組みです。

このように異なる方法を組み合わせることで、クレジットカードが悪用される可能性を大幅に減らすことができるのです。

まとめ:アメックスのCVVは不正利用を防ぐためのもの。

記事の要点をまとめてみましょう。

☑アメックスカードのCVVはセキュリティコードである。

☑CVVはカード会社によって指定が異なる

☑アメックスのCVVは4桁の長さである

☑アメックスをGoogle Payで利用する際の注意点

☑セゾンアメックスのCVVは3桁で、カード裏面に記載されています。

☑CVVは不正利用を防止するために設定されている

☑CVVのほかにも、セキュリティを高めるための方法がいくつかある

☑CVVとCVCは単に呼び方が違うだけ

☑CVVとCVC2は異なるものを指す

☑アメックスのCVVについて知っておきたいこと

●刻印が消えたら連絡する
●CVVがわかっている場合は、カードの再発行を依頼する。
●信頼できないウェブサイトではCVVを入力しない
●フィッシング詐欺に注意する
●認証サービスとオーソリゼーションサービスを併用する

クレジットカード会社では、不正利用を防ぐために、CVCをはじめとするさまざまな方法でセキュリティを高めている。

アメックスカードのCVVは、カード表面に記載されている4桁の数字です。多くのクレジットカードでは、カード裏面に3桁のCVVが記載されているので、間違えないように気をつけよう。

 

-アメックスカード